ごあいさつ

本物のフランスを、本当の美味しさを届けたい

1961年、フランス・リジュー市にて、牧場を営む両親のもとに生まれました。幼い頃から、パン・ケーキ作りが日常となり、13歳の時に「パン職人になる!」と決意。学業とパン修行を両立させ、17歳には、パリのあらゆる店で経験を積み、19歳でパン・ケーキ組合に加入しました。

鈴鹿サーキットで第1回F1日本グランプリが開催された1987年、私は「HONDA」様のオファーで来日いたしました。それからの長い年月が、まるでF1マシーン並みの速さで過ぎ去った様な気がします。

1992年の独立。セントラルキッチンの建設と急速なチェーン店展開。エールフランスやHONDAへの商品提供をはじめとする、多種多様な取引の開始。レースチームへのケータリング活動。親友アイルトン・セナの急逝。「TVチャンピオン」での優勝・・・。

目まぐるしく動き続ける環境の中で、常に変わらない私の信念があります。「本物のフランスを、届けたい」「本当の美味しさを、提案したい」そして「"ドミニクの美味しさ"をもっとたくさんの皆さんに体験していただきたい」

私の焼いたパンやケーキが、あなたにおいしい幸せをお届けできますように。

ドミニクドゥーセの店創設者
ドゥーセ・ドミニク・ジョン・モリス
ドミニク・ドゥーセ

ドミニク・ドゥーセ

ページのトップへ戻る